しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

冬休み2017-18(年末年始偏食編)

みっちの冬休みはブログに書けないようなことばかりだった。

いや、普段からそうなのだが。

新年最初の朝だというのに起床から10分も経たないうちにみっちを叱り、双方いや〜な気分になった、そういう話のオンパレード。

 

そんな2018年の抱負は、

何事も高望みしない。

 

しかし「平穏に1日を終えたい」なんて願いが既に高望み状態。

 

 

年末のみっち5歳のバースデーケーキ(ミニサイズ)は、ろうそくの火にわくわくしたものの、彼は可食部分には一切手を付けなかった。食わず嫌い大王なのでどうしようもない。はっちも食べたのはトッピングのフルーツのみ。

夫が食べてくれたのでゴミ箱直行にはならなかったけれど、喜ぶ写真を撮るためにアレルギー対応ケーキを買うのはもうやめよう。確実に食べる牛乳&卵なしのホットケーキ(ミックス粉と水のみで焼く)で十分だ。

 

お正月も通常営業。

 

例年の散歩を兼ねた初詣を実行に移す気力も消滅し、元日から子ども達のために公園遊び。しかも家族4人で出かけたのに、みっちのかんしゃくでバス派と電車派に分かれて現地合流し、帰宅も別々。

冬休み最終日も現地合流&解散だった。

昨年からわかってはいたが「一家揃って」にまず無理がある。

 

食事も普段通りで、私が食べたいので甘めの伊達巻だけ購入しておかずの一品とし、同じく私の希望でお雑煮を作っただけ。

子ども達は伊達巻は食わず嫌い(はっちは昨年は食べたのに…)、お雑煮もみっちは汁を1口飲んだだけ、はっちは汁を使ったうどんにしてみたが刻んだお雑煮の具が口に入ると嫌がり、その後はうどんの取り皿に具が少しでも見えていると大好きな麺すら拒否した。

 

偏食魔王みっちと、はっちも子分なんだか王子なんだか好き嫌いのレベルを上げつつあるので、食事関係はもう頑張らない。

大人のための一汁一菜と、我が家で「飾り」だの「たまには世間体」だのと呼ばれる子ども達のお弁当のおかず(普段と違うものは食べる見込みなし)が維持できるギリギリのライン。

 

ふりかけ・納豆・星の王子さまカレー他子ども用食料品の買い置きに過不足のないよう、精進いたします。

(生協個配や定期購入利用と魔王の気分次第とで、在庫管理もかなり難しいのだ…)

 

御用納め

公的機関の御用納め。

我が家の療育系の用事も年内最終日だった。

 

はっちの寝かし付けは最初から歌なしのことが増えたので、今日の振り返り&明日の予定を話すようにしている。

今日行った近所の公園と療育のこと。

そして「明日は何して遊ぼうか」とはっちに訊くと「ここ!」との返答。公園や駅の名称をきちんと言えるのに、自分が一番行きたい場所は当然わかると思っているらしい。

「A公園は、明日から冬休みです。12月29、30、31、1月1、2、3日までお休みです」

そう告げると、はっちの目に涙が浮かび、悲しそうに(かんしゃくではなく)泣き始めた。

そんなに行きたかったのか。今週(私が)頑張って2回も行ったのに。今日は療育があったから我慢していたのか…

 

明日はどうしたものか。

親子揃って人混みが苦手&初めての場所が楽しめないはっち&晴天続きの東京での悩み。

帰省が選択肢にない年末年始

年末年始の遊び場が意外と少ない。

みっちやはっちのお気に入りの広めの公園(複数)は28日or29日から閉園。

屋内の遊び場(公立で職員もいるので、年末年始はもちろんお休み)なんて贅沢言わない(特性に合わないので行かなくなっただけ)、寒さに耐えて外遊びに付き添うつもりでいるけれど、公園も閉まっちゃうなんて、う〜ん。

 

 

別件で精神的に参っている。

 

 

振り返りせずに終わりそうな2017年

ほぼ日WEEKSの最後の週になるのか…

 

1年を振り返る気力がない。

子ども達はそれなりに成長したのだろうけど。

 

はっちの知的レベルはさておきASDははっきりしてきたか。それなりに適応している印象の時もあるが、何というか「療育慣れ」している感が。今後の課題は集団への適応になるのか、しかし同学年集団への適応って学校以外では不要なスキルではないかと。

 

 

みっちと電車に乗っていたら「でんしゃがとっぷはむはっときょうにはいる」と言った。

トップ・ハム・ハット卿を駅名だと誤解しているようだ。

 

新作なのに

みっちとはっちが好きな絵本「100かいだてのいえ」

 

新作が出ていると8月に知ったが、クリスマスかみっちの誕生日プレゼント候補としてすぐには買わないまま数ヶ月。幸いプレゼントを選ぶことができたので、絵本は普段のおもちゃとして購入。(時機を逸することなく与えたい)

しかし…

 

みっち→朝起きてきて数十分、目に付きやすい場所に置いた絵本に気が付かない。(横目でちらっと確認はしているかも…)新しい絵本だよと教えると100かいだてシリーズだと理解はしたようだが、すぐに閉じて別の遊びを始める。一度読んでやったら楽しめるか?

 

はっち→教えると多少の反応はあるが、元々家にある「100かいだてのいえ」を本棚から持って来て読むよう要求。私が新作を音読していると「お〜し〜まい!」と閉じてしまう。

 

こういう反応は見慣れているので一々がっかりすることもないけれど、それでも理解しがたい。

「普通は好きな本の新作があったら読みたいよね」と夫。

変化や新しいものが苦手という障害特性なのか。

毎週違う内容のテレビアニメは平気なのに?

あと本でもドラえもんの別の巻であれば、みっちは受け入れると思う。(うちには試しに買ったコミック1巻だけがある)

 

ああ、わからない。