しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

1回休み

発熱及び体調不良のため、みっちの療育通園1回休み。

実は今年度初である。

この辺りの幼稚園や小学校は先週終業式だったので、みっちは1学期皆勤と言ってもいい。

みっちが楽しく無理なく通えるところがあって良かった。

具合が悪いと認め、お休みすることを納得した点にも成長を感じた。

 

幼稚園に行かせていたら、こうはならなかったと思う…

30年以上昔の話

みっちの就学やはっちの幼稚園について検討する時に、自分のきょうだいが幼稚園不登校だったという話をふと思い出す。

 

当時私は小学校に通っていたので実際どうであったかは知らない。後に母親から聞かされただけだ。

入園後半年程で朝食後に体調不良になって登園できない日々が続いたという。その年度末に父親の転勤のため別の市に引っ越して、私は転校先の小学校に通ったが、きょうだいは転居先で幼稚園に行くことを望まなかったそうで、就学までの1年間どこにも通わずに過ごした。

発達に目立った遅れがなくても集団生活が合わないこともあるのだ、と。(いや、きょうだいもそれなりにアスペっぽい人ではある)

 

私は私で、子どもの頃の記憶(多くは嫌なことや違和感)を20代になっても忘れられずに困っていたが、年長の1年間だけ通わされたその幼稚園のことはほとんど覚えていない。決して楽しかったからではない。幼稚園でのわけのわからない日常が苦し過ぎたのだと思う。

その園の「保育の質」とやらは知らない。ただ田舎なので「どの園にするか」という選択肢はなかった。更に人間関係や様々なルールが出来上がっている集団に1人だけ後から加わるハンディもあった。

 

もう1人のきょうだいは、転居先で幼稚園に2年間通った。地域も園も違うし、就園前からの友達と一緒だった等、様々な条件が異なるのだが、3人きょうだいの中で最も人付き合いがいい。

しかしそれは幼稚園に長く通った結果ではなく、きょうだいの中で1番発達障害特性の薄い人が集団生活のスタート時も成人後もそれなりの人間関係を築けたということなのだろう。

 

場所も時代も違うので幼児だけで「家の周りで遊んでいなさい」というわけにもいかず、日中の活動場所として幼稚園以上の行き先はないのだけれど、明らかに合わない私の子どもが無理に行くべきものでもないか。 

 

また知的障害児お断りの療育ができた

遊び場入り口の施設や子育て相談やイベントの案内置き場を眺めていたら、新規オープンの児童発達支援&放課後等デイサービスのチラシを発見。

放課後デイバブルと見聞きはするがこの周辺で実感するかと言えば否であり、やたら目に付く幼児教室(お受験塾)の1つ2つが潰れて療育施設になってもいいのにと思う。

 

みっちは療育園に週5日通えているが、はっちの現在の行き場が少なく来年度以降の療育もみっちよりは少ないままと見込まれるので、行けそうなところかとHPを見てみると…

 

★☆★「知的に遅れのないお子さま」限定だった★☆★

 

自治体内の放課後デイはこの1年でいくつか増えたのだが「発達障害」を対象にしていて、学習支援塾(何と中高の受験対策もするらしい)を謳っているところもある。それは福祉サービスなのか?

知的障害児も対象となる発達支援は増えていない。(理由はいくつか想像が付くし、私が知らない事情もあるのかもしれない)

 

新規オープンする療育は、もしかしたらはっちは対象かもしれないけれど、みっちの親として知的障害児お断りの運営方針のところに通いたい通わせたいとは思えない。

(知的に遅れがないってどこまでを想定しているのだろう。境界知能はOKなのか? 小さいうちに通い始めて知能検査が可能な年齢になってIQが正常範囲外だったら追い出されるの?)

 

NHK発達障害プロジェクトも知的障害を伴う自閉症は閉め出したままだし。スペクトラム(連続体)なのに正常知能で線引きする理由がわからない。「相模原障害者殺傷事件から1年」のハートネットTV特集も放送予定にリンクするべきだと思うのだが。

 

【追記】

NHK発達障害プロジェクトの□過去の放送一覧の↓これ↓

5/23 (火) Eテレ 夜8時
ハートネットTV「もうひとつの居場所 -発達障害の人たちが集うサッカークラブ-」

タイトルは「もうひとつの居場所 ―知的・発達障害のある人たちが集うサッカークラブ―」なのに、発達障害プロジェクトの一覧からは「知的・」の3文字が消えている。

意図的に消したんかな。

この番組、良かったんだけどね。

外食の練習/再び幼稚園の検討

みっちのショートステイ中に、はっちを連れての外食の練習にとファミレスに行った。

食物アレルギーがないし(本人用も大人用も何でも選べる! 実際には取り分け可能なメニューしか選べないが…)みっちよりはまだ偏食がきつくないし(是非ともその状態を維持したい)、はっちには外食ができる子になってほしい。

年齢相応+ASD特性で待てなかったり騒いだりするかと思ったが(みっち1歳台があまりにひどくて外食を諦めた)、食べ飽きるまではかなりおとなしかった。着席時にテーブル上のメニューが目に入るなり食事の見通しが持てたらしい。大人は拍子抜けした。年齢相応に食べさせるのに手を取られて私のごはんが冷めてしまっただけだ。

次回はファミレスではなく子連れOKの美味しいお店(数年間ご無沙汰…)に行ってみようかな。楽しみになってきた。

 

 

そんなはっちではあるが、支援や配慮が全く必要ないということではないので、幼稚園は近隣のどこでもいいとは言えない。

来年度はプレそして3年保育の出願時期(そしてみっちの就学相談がある)なので今から考えておかないと。みっちが就園しなかったため第2子なのに手探り状態。みっち学年(みんな幼稚園に通っている)のママ友や知人との付き合いがないので、通わせてみての感想も聞けない。

しかしみっちの就学とはっちの就園を重ねていいのか、という不安もある。親子共に無理をせず2年保育の園に入れる方がいいのかもしれない。3学年差なので10年先にはみっち高等部進学&はっち中学校進学(受験?)、更にみっち高等部卒業&はっち中学校卒業と重要な進路選択の時期が被ってしまうのだが、幼稚園だけはずらすことが可能だ。

迷うなあ…就園時期ははっちの発達次第ではあるけれど。それに希望者の多い園は支援の必要な子をわざわざ採らないという現実もある。(たぶんそういう園は自閉っ子には向かない環境だとも思うが)

マルはいいもの

みっち(4歳半)が毎日何度も注意しているのに止めなかったり繰り返したりのあれやこれやがひどいので、口頭だけではやはり通じないのかとマルとバツを書いたカードを用意した。

 

帰宅したみっちにマルのカードを見せると、気に入ってずっと持っていて、そのまま昼寝してしまった。

ただの手書きのマルなのに。(好きなキャラクターだったらまあ理解できる)

赤ちゃんの頃マルが大好きだった、いや今も結構円形好きのはっち(もうじき2歳)だって、そこまでの反応は示さない。

 

マルがそんなに嬉しいなんて。

家で怒られ過ぎなのか、やっぱり。