しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

発達障害バブルを実感(商業出版編)

図書館の新着図書コーナーを見て気になったので試しに借りた本。

「障害者とともに生きる本2500冊」

(書いている環境でAmazonへのリンクが貼れないのでタイトルだけ)

 

中を確認せずに持ち帰ったら、目録だった。

小学生の頃、父親が町の書店から持ち帰る「これから出る本」を読むのが好きだった(昭和の終わり、地方で大型書店もなく、図書館も家から遠過ぎて行ったことがなかった…)ので、暇ならこれも読み応えがあって良さそうだけどもちろんそんな時間はない。

 

目次を見てびっくり。

1頁から347頁までがみっちり目録で、そのうち166頁から321頁までが発達障害関連の本なのだ。

設定された18の大項目の中のたった1項目が目録の半分を占めているなんて。

障害種別の項目は101頁の視覚障害から始まる。様々な障害の本が載っている約250頁の6割以上が、発達障害がテーマの本。

そんなの、おかしくないか?

知的障害は16頁だった。(うち6頁はダウン症がテーマの本)

 

「発達が気になるお子さま」や「大人の発達障害」とその関係者の数(関心を持つ人、読者になり得る人)を考えたら、一人勝ち(?)は当然のことか。支援校や支援級ではなく小中学校の普通級に6.5パーセント、つまりどの学校どの学級にもいるのだから。

とはいえ実際に手に取った目録に占める割合(厚み)にはうんざりさせられる。この分量から自分が必要とする本やまともな本を探し出すのは無理だよね、と。

みっちの診断前後(2014年)より後に刊行された本はほとんど知らないので、現実を知る良い機会になった。

はなのいろショック

いないいないばあっ!」今週の新曲「はなのいろ」を覚えられない(以前にまともに見ていない)うちにはっちからしつこくリクエストされてしまい、適当に歌って寝かし付けてから復習してみたら、作詞作曲が山本正之の衝撃に歌詞を覚えるどころではなくなってしまった。

(うちは「おとうさんといっしょ」を見ていないので、ほんま久しぶりやった)

しかもそのショックが夫に通じない。

のでブログに書いておく。

頭の中が聞いてた頃のあれやこれやでいっぱいですよ。25年くらい前か…

はっちの歌(歌えないけど)

はっちが食事中に突然、

「ゆきや、こんこ、あなねやこんこ、ふてもふても、まだ、ふりやまない、よ〜」

と一生懸命歌詞を言うのがあまりにおかしいしかわいいので、笑いが止まらなくなった。

「いぬは、にわ、かけまわ、ねこは…」

はっちはマイペースで続けていた。

早く歌えるようになるといいね。

 

子どもの歌

はっちは絵本のお気に入りのページの文をいくつも暗誦している。(絵本なしで突然始まるので、続きを振られても応えられないことがある。子どもの記憶力についていけない…)

好きな歌の歌詞も唱えているが、メロディに乗せることができない。本人も歌いたい様子なのに。

 

みっちの1歳9ヶ月頃はというと、単語が数個出ている程度で全然喋れなかったけれど、鼻歌で数十曲ものメロディを正確に再現していた。

 

得意分野が違うということなのかもしれないけれど、はっちを見ていると言葉が強過ぎて歌を邪魔してしまっているようにも感じる。

今のみっちの歌も歌詞は正確でも音が外れ気味だし。(間奏部分の鼻歌よりも)

 

特にオチはない。

悪夢

週末は子どもの昼寝が長かったので自分も寝たけれど、2日とも悪夢でうなされて、目覚めた時にはかえって疲れていた。体にかなり力が入っていたようだ。

みっちはっちを連れて出かけてみっちの手を繋ぎ直そうと一瞬目を離した隙にはっちが車道に飛び出して車にはねられたり、やはり2人を連れて見学していた幼稚園(?)からはっちが脱走して探し回り見つけた時には事故に遭っていたり。

 

それが現実にならないようにと家の外で常に緊張しているから、ずっと疲れているのか。(実際にはまだハーネスを必要とするほどの多動ではない)

悪夢が続くと寝るのが怖くなる。でも休まないと。うう。