しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

就学時健診と母子手帳

就学時健診の見直しのニュース。

発達障害、早期発見へ就学時健診見直し…文科省 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
就学時健診の「問診を含む検査内容を充実させるとともに、同意を得た保護者から乳幼児健診の結果を学校へ提出してもらうことなどを検討している」のだそうで。
発達障害の早期発見が目的らしいが、健診結果(が記載された母子手帳)が役に立つのか疑問だ。
3歳児健診まで異常なしで通過した子どもの母子手帳を見て何がわかるのか?

 

みっちの1歳半健診の記録も異常なしだ。
発語数が少ないから半年後に確認の電話をしてもいいか云々は、口頭で伝えられただけなので。
(以前書いたとおり、3歳児健診には行かなかったが…)

 

このニュースを読んだ直後、お受験で不利になるから出産の経過の詳細ををほとんど書かない方針の医師や病院があるという話をTwitterで見かけた。
新生児仮死等の記載がお受験の選考に使われているどうかは知らないけれど、事実ならば不当な差別だ。
そしてお受験の選考基準の真偽はともかく、お受験に影響があるからと記載を拒んだ親がいたとか、そのような声に配慮して記載を止めてしまった医療機関は、差別を容認する社会の姿そのものだ。

 

母子手帳への記載を控える現象は、今は幼稚園や小学校のお受験が存在する一部地域のみかもしれない。(みっちの乳幼児健診の記録に問題がないのは、もしかしたらここがお受験が盛んな地域だから? との疑念も湧く)
それが小学校の就学時健診に使われることになったら、詳細を記載しないよう求める親も配慮する医療機関も全国に広がるのではないか。また健診の問診票や母子手帳の発達セルフチェックにできない項目があっても正直に書けないなんてことにも…「発達障害の早期発見」を妨げるのではないか。

 

「そんな母子手帳(の記録)になったら意味ないじゃん!」と自分の妄想に憤る私に対して、夫は「病院には正しい記録があるんだろう? 二重帳簿なだけだよ」と冷静な返答。それもそうか。
幼稚園のお受験(国立か私立)には母子手帳を見せるだろうけれど、公立小学校に提出する乳幼児健診の結果は自治体の健診台帳の方だろうから(情報提供の同意を得る形で)、母子手帳が粉飾されていても問題にはならなさそうだ。
ああ、そうなると、乳幼児健診を受けさせないと就学時に困りますよという圧力が強くなったり、未診断の軽度〜グレーゾーンの親は「結果の提出に同意しないと却って疑われるかも」と不安を感じるかもしれない。

 

大多数の定型発達児の親には無関係だろうし、そもそも関心を持たないような話なのかな。

 

ちなみに「2019年度入学者からの実施を目指す」なのでみっちの学年なのだが、みっちにも関係なさそうだ。
就学相談説明会で「就学時健診はなるべく受けて欲しいけれど、無理に受けなくても…」と担当者が言っていたので。
普通級(通級指導含む)の子は受けるだろう、でも住所指定の小学校ではない支援級や支援校希望の子には意味がないし、学校や教育委員会側にも受けさせる意味がない。就学相談でもっと詳しい情報(検査結果等)を提出しているのだし、何より障害を発見済みなのだから。
今の所、みっちの就学時健診に行くつもりはない。

 

発達障害の早期発見は、困っている子の早期支援のためなのか、小1プロブレムそして学級崩壊の予防のためなのか、とも思いつつ。自治体の全未就学児向け発達支援事業の報道には後者が書かれていたりもしたので。

チップスター

チップスターののりしおを1枚見せて「これ何だ?」と訊いたら、

 

みっちの答えは「あじさい」だった。

 

おいしいと勧めても、いつもの食わず嫌い。

 

食の分野は、アレルギーで食べられなかったのとASD特性とで、本当に知らないことが多いみっちである…

クレヨンの使い方

小児科通院以外に外出できずちょっと元気になると退屈してしまうはっちに、クレヨンでのお絵描きを勧めてみる。

 

くるりら(繰り出し式のクレヨンというかクーピー)でのお絵描きは何度かしたことがあるのだが、今日は円筒(元は綿棒のケース)にびっしり立ててあるクレヨンに注意が向いてしまい、はっちの好きな色を何本か出しておいても円筒に戻してしまう。私が絵を描くのも嫌がって手から奪おうとし、最後は「だめ!」と怒り出す。

 

ああこれは、1歳後半から2歳の頃のみっちと同じだ。(2歳みっちは「だめ」とか言えなかったけれど)

 

みっちは児童館の1歳児クラブ(親子活動)に通っていたのだが、毎回ある製作の時間に何もできなくて、クレヨンを出すとひたすら箱に戻していたのだった。(おともだちのクレヨン&箱にもしょっちゅう手を出すので制止してばかり)

年度当初は早生まれ等お絵描きができない子も多かったが、半年経ってもその日のプログラムに全く参加できていないのはみっち1人だった。診断どころか全く疑ってもいなかったけれど、ASDの特性がばっちり出ていたのだ。

児童館のホールに数十組の親子が集まって…人の多さ、音響面、集団への口頭指示に応じて活動する、何をするのか見通しが持てない、自閉っ子の苦手なことばかりの環境だった。定型発達の1歳児(年度中に2歳になる子)はどうして適応できるのか、不思議でならない。

 

申込開始日に満員御礼になる人気の定員制クラブなので(みっちの時は受付開始時刻より前に行って行列に並んだ)はっちの時も募集の案内を忘れないようにと手帳にメモしていたが、赤ちゃんはっちもASDではないかと日々感じていたし、今年度の募集前に発達専門外来を受診して特性があることがはっきりしたので、はっちのクラブの申し込みはしなかった。

正解だった。

 

いや、つい最近まではっちももっとなぐり書きしていた。クレヨンを3本だけ出して箱は見せなければお絵描きモードになるのだろうか。色名を覚えて言えるので(今日も嬉しそうに「むらさき!」と言って紫のクレヨンを手にしていた)全部見せてみたのだが…

まあ、絵を描くだけがクレヨンの正しい使い方でもないし、と3年前と同じことを思うのだった。

 

 

はっちの言葉メモ。

「はなをでた」(鼻水が出た)

「きれをなった」(きれいになった)

助詞が「を」になりがち。

 

昔の馴染みのアレがない

1週間近く経っても熱が下がらないはっちは、中耳炎になっていた。

今週も潰れたな…

 

処方された抗生剤を飲ませるのにはオレンジジュースが良い、しかも果汁100パーセントではなく30パーセント位と書いてあるサイトを見て、小児科の帰りにコンビニに寄る。

ところが、買いたいジュースが見つからない。100パーセントかスパークリングばっかり!

なっちゃんやQooのイメージなんだけど、もしかして私が知らない間に廃盤になってたのか…(普段は100パーセントのジュースしか飲まないので何年も買っていない)

と思って帰宅後検索したら、どちらも存在してはいるようだ。もう売れ筋じゃないのか。それともコンビニの冷凍庫(見なかった)にはあったのだろうか。遠回りしてスーパーに行けば売っていたかもしれない。

 

どうでもいいことだけどちょっとショックだった。

コンビニの飲料の棚が知らない商品ばかりで。

 

はっちの抗生剤はダメ元で買ったトロピカーナマルチビタミン(オレンジベースで果汁20パーセント)でどうにか飲んでもらった。

 

7月の終わり

自分の誕生日があったが、みっち発熱で療育欠席→みっち回復して登園した日にはっち発熱(個別療育キャンセル)の流れの真っ最中で、それどころじゃなかった。毎年夏に子どもが罹ってしまうヘルパンギーナ、はっち回復まであと数日は必要だろう。

誕生日が来ても自分の年齢は計算してみないとわからない。35歳位からそうなったが、単に子育てに追われて余裕がないからだろうか。

ただ今年は数えでは40らしいと年始に気付いた。人生80年のだいたい半分か。後半はもう少し楽しく過ごしたいものだ。実父の享年までは10年を切るし、もっと短いかもしれないけれど。(子どもが小さいのでそれは困る…)

 

みっちが「みっちくんもおとなになるかな〜?」と言った。

大きくなったら何になるという話ではなく、いたずらしていたエアコンのリモコンを没収されて高所に置かれたり、こだわりのロールスクリーンなども「これは大人だけ!」と禁じられてしまうので、早く大人になってこだわりの品々を好き勝手いじりたいということだと思われる。出先では「大人になって係(orお仕事)の人になったらできます」と教えたこともあるけれど、職業への憧れには繋がっていないようだ。

少し前には、療育の先生が「みっちくんは何に困っているの?」と訊いたら「4さいでこまってる」、そして「どうしたら困らないかな?」「12さいになる」と答えたそうだ。12歳はまだ大人じゃないぞ。私の背丈を越している可能性はあるけれど。

 

はっちの誕生日まで1ヶ月。

誕生日プレゼント候補を思い付かない。みっちもだけど、年齢相応で選べないし好みの幅も狭いしごみ(使わないおもちゃ)は増やしたくないし。数年後にははっちもこれ買ってとかあれ欲しいとか言うのだろうか。

今回の夏風邪でしんどい時にはほとんど言葉を喋らないことが判明。普段は絵本や歌詞の結構長いフレーズを暗唱しまくっているはっちも、熱と喉の痛みであ〜あ〜とかひゃ〜んと泣いてばかりだ。(例外は今朝の「もっと じゅーす のみたいね」ぐらいか)