読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

ポッキーの日(見通しが立たない 2)

それほど食べたくもなかったけれども何となく「ポッキーの日なのにポッキー買うの忘れた」と夫に言ったら、聞いていたみっちが「ポキポキ、ポッキー、ポキポキ、ポッキー」と歌いながらリズムを取って足踏みをした。
何それ? オリジナルの歌? それとも療育で覚えた? 検索するとポッキーのCMらしい。
うちのテレビは「いないいないばあっ!」録画&再生専用機になってしまった(泣)ので、私や夫が知らない何かを覚えるとしたら親子分離の療育先しかない。にんにんじゃーを見てる子ならポッキーのCMも目にしているだろうし、4歳5歳ならおやつにポッキーを食べてもいるのだろう。
みっちはポッキーを何だと思って歌っているのやら…(乳製品のアレルギーがあるから食べさせられない、なので買わなかった面もある)
ちょっと見聞きしただけで覚えてくるなんて、すごいすごい。療育先のさよならの歌も2回目でもう歌えたし、どんどん成長しているなあ。


みっちなりに発達しているとはいえ、その状態は親の見込みより下方修正(? 夫曰く)を繰り返している。
1歳の頃は他の子との違いを「ちょっと変わってる、個性的」として、むしろ好ましく思っていた。
春に「一応」発達相談を受けようかという時点では「もしかしたら就学時に何か引っかかるかも、発達障害のボーダーラインかも」でもそれはどうにかなるだろう、と。
(私自身が、学校に通っている頃は今ならアスペルガー症候群と言われるようなエピソード満載なのだけれど、色々としんどいなりに学校生活をどうにか終えて、結婚まで10年間社会人として働いてもきたのだし…)
それがどうやら本格的な自閉症スペクトラムと判明し、特性やこだわりが表面化してきて相手が大変になってきても、知的レベルまでは疑わなかった今年の夏。自閉症なので小学校は普通級か支援級か、できれば普通級に行けるようにと療育や幼稚園を考えていた。
けれども、たぶん、みっちは高機能自閉症ではない。療育手帳を申請すればたぶん通るだろう。小学校は、支援学校か支援級か、なのだろう。(夫は「手帳有りは原則支援学校だろう」と言う)
支援学校に行く可能性が高いならば、今まで考えていた、来年は療育に通って再来年の年中組から幼稚園(普通の子の集団)に行かせることがみっちにとって最善の選択とは言えなさそう、そんなことを育児の合間に夫と細切れに話す今日この頃。
他にも心配なことが出てきて、心が休まらない。