読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

健診案内

みっち2歳 ASD
この間、3歳児健診の案内が届いた。
以前からわかってはいたのだけれど、当日提出のアンケートができない項目ばかりで、あっはっは〜と笑っちゃうしかない。(笑い事ではないのだが)
そうか、世の3歳さんは、これをほとんどクリアしちゃうのか。
遊び場や幼稚園(来春は行かないけれど)で定型発達の集団に混ざった時のみっちの困惑や混乱は相当なものだろう。

1歳半健診では言葉がちょっと遅い(でもパパママまんまではない数語が出ていたので一旦OKと言われる)のと会場で全く指差ししないのとで、保健師さんに「この後どれ位言葉が出るか、2歳になったら電話していいですか」と言われて何だか不安に思ったけれど、周囲に言葉が遅めの男の子が複数いたこともあって、あまり気にしないように努めた。

あの時、言葉の遅れ以外の引っかかった項目(たぶん保健師さんと目が合わなかったりもしただろう)を、きちんと指摘してくれていたら、と思う。または、全く言わずにいてくれたら。
何でみっちだけ電話するって言われたの? おともだちはそんなこと言われてないって。
よくわからないまま半年間、時々もやもやした気持ちを蒸し返していた。
(しかも2歳になってすぐには電話はかかってこなくて、一度だけ留守電が残っていたけれど詳しい用件などもなく、保健師さんとは話さないまま)
私の精神状態にだけ悪影響があって、みっちの障害の早期発見には繋がらなかった。

何ヶ月か早くわかって、必要な対応を始めていたら…
まあ、あまり変わらなかった、か。
でも不必要に厳しく叱ったりしつけたりする期間が短くなってたかもしれないし、今年度当初から療育が受けられたかもしれない。(今の療育の回数を増やせるかもという話が出てから施設側の手続が2ヶ月以上足踏み状態でうんざりしているのでなおさらそう思ってしまう)特別支援学校幼稚部の出願に間に合ったかもしれない。(来春園児の募集期間は、まだ対象外(知的障害ではない)だと思い込んでいた)
そんな風に思っても何もプラスにはならないけれど。

今度の健診は受ける意味があるのかしら。目の検査耳の検査の練習キットが同封されていたけれど、家での練習も当日の検査もどう考えても無理だろうし、アンケートのできない項目が意味するところはもうわかっているし、検尿くらいか。(当日おまるに出せたら、だけど)健診会場に連れて行って各コーナーの順番を待たせるのも大変。配慮して貰えるかどうか、保健センターに電話しておかなければ。