しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

チョコレートと床屋さん(はらぺこあおむし)

みっちが「あおむし〜は、あおむし〜は」と歌うように言う。
少し前までは、手遊び歌「キャベツの中から」(親子での療育でパネルシアターも見た)の「あかちゃんあ〜おむし〜♪」だったのに…
あ、きっと「はらぺこあおむし」の歌だ。児童館でかな〜り前に何度か大型本を見せながら歌を流していたことがあった。みっちが0歳1歳の頃だから覚えてはいないだろう。となると、親子分離の療育で聞いたのかな?(みっちに訊いても答えは返ってこないので想像するのみ)

同じメロディで「ちょこれーと、ちょこれーと」とも言う。絵本にチョコレートケーキが出てくるから、やっぱりはらぺこあおむしだ。
ところがチョコレートと言う前に「とこやーさん、とこやーさん」と歌ったものだから、発音が不明瞭なこともあって、しばし自信が持てなかった。はらぺこあおむしだと確信してからも、替え歌? みっちにそんな高度なことできるの? と。

意図的な替え歌ではなくて、チョコレートという音から床屋さんを連想しているようだ。
乳製品アレルギーのあるみっちは、チョコレートを食べたことがない。チョコレートを知っていたら、音が似ていても床屋さんには繋がらないと思う、普通は。(そういった連想も普通と違う可能性があるけれど。そしてみっちは床屋さんのくるくる(サインポール)大好きっ子だ)

みっちの小麦アレルギーがなくなったもののパンや麺として食べてくれないからと乳製品不使用のビスケットを解禁したらすっかり気に入って、それを契機に絵本に出てくる食べ物にも関心を示すようになった。
それ自体は嬉しいけれど、先日も「しろくまちゃんのほっとけーき」を読んでいたせいか「みっち、ほっとけーき、たべたいよ」と夕食時に言われて困ってしまった。(ホットケーキミックスを買って何度か卵牛乳なしで焼いたけれど食べなかったから粉は常備していない)食べたいのは構わないけれど、宣言後それ以外(目の前のごはんを)食べないのは非常に困る今日この頃…
そろそろチョコレートも食べたいって言うかな。言われたらどうしよう。どうするのがいいだろう。