読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

3歳児健診の憂鬱&1歳半健診の記録

みっち0歳1歳 みっち3歳 ASD
今月、みっちの3歳児健診がある。
「待ち」時間の長い「集団」健診に連れて行くと親子共々かなりの困難が予想される。以前読んだ自閉っ子の親御さんのブログで個別配慮してくれる自治体もあると知り、少しでも負担を減らせないかとダメ元で電話してみた。
残念ながら現住所の自治体では障害特性に基いた配慮や対応はして貰えないことが判明。先着順の平等性を歪めるわけにはいかないのだろう。(みっちの同学年が千数百人、12で割ると1回の健診に100人として自閉症児は1人いるかどうかだし、障害児全体でも数名、役所として特別扱いするかどうかは分かれるだろう)
受付時間帯のいつ頃だと比較的待ち時間が少なくて済むかを調べて教えてくれたけれども、その時間に行けば無事に乗り切れるだろうなんて自信は持てない。空いていたらどうにかなると思えるならば、わざわざ電話なんかしない。
集団健診がどうしても困難ならば自費でかかりつけ医の病院で受診可能とのことだった。既にわかっている&健診で解決するわけではない障害以外に気にかかることがないのに、お金を払ってでも受けるべきものなのか。行政サイドは受診率を上げたいだろうけれども、個人としてのメリットはない。
昨年読んだ堀田あけみの育児エッセイ「発達障害だって大丈夫」の冒頭が、自閉症の次男の3歳児健診を受けなかった話だった。うちも問合せせずにサボっちゃえばよかったな…(名乗って電話したので保健所もマークしてるに違いないのだ、やれやれ)


電話をしようと書類を引っ張り出したら、1歳半健診時の「アンケート」と受診後の記録メモが出てきたので読み返した。
以下の項目は2択だからクリアしたことにしていて、実際にはできたりできなかったり、全くできないわけではない、程度だった。

知っているものをみて指さししますか … はい
「〜を持ってきて」などの言葉の指示に応えられますか … はい
パパ・ママなどの意味のある片言を言いますか … はい → どんな言葉をしゃべりますか … はと(鳩) あつい(暑い) いや(パパ・ママは2歳半で言えるようになった)
周囲の人や他の子どもたちに関心を示しますか … はい
後ろからでも名前を呼ばれて振り向きますか … はい
ひどく落ち着きがなく、動きすぎると思うことがありますか … いいえ
おもちゃ(自動車や人形など)で遊びますか … はい
大人のやることのまねをしますか … はい

クリアできていなかった項目は次の2つ。偏食はもっときつくなったし、コップ飲みは今もできない。(水を飲むよりこぼす方が優先なので)

食欲や偏食などでこまっていることがありますか … はい
コップを自分で持って水を飲めますか … いいえ

メモを今読むと、もう特性が表れている。今読めば、ね。1歳半時点で自閉症を疑うことはやっぱり難しかった
「面談中暴れていたので多動も疑われたが、単に飽きただけだと思う。ただ、嫌なこと気に入らないことがあると頭の横(耳の上)を手の平で何度もたたいたりするのは少し不安。バイバイなどあいさつの時に顔をそむけることが多い。」