しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

「くじらのとけい」

はっちが絵本を開いて「歌ってくれ」と揺れ始める対象の1つにクジラの絵がある。

テレビ(「おかあさんといっしょ」我が家では私が夕食を準備している間に子どもと夫(おとうさん)と見るのが定番だが)が先だったか、うろ覚えのサビ部分を私が歌ったのが最初だったか、ともかくクジラの歌といえば「くじらのとけい」が真っ先に浮かんだので、はっちの要求に応じてほぼ毎日歌っている。

 

歌っているけれど。

クジラがいつも「いま9時 いま9時 いま9時ら」って答えていることに、何だかもやもやする。

時計が止まっていて、針がいつも9時を指しているのか。

クジラは時計が読めないのか。

正しい時間がわかるけれど自分の名前にかけたダジャレが面白いと繰り返しているのか。

同じことを日々何回も何十回も口にする自閉っ子みっちの相手をしていると、しかも最近のみっちときたら面白がってわざと逆や間違った言葉を繰り返しているので、さてこの歌のクジラはどういう存在なのだろうと思う。

「周りもさ、クジラが正しく答えられないことは知っているんだよ。その上でからかってるの。だって訊いてるのは『かしこいイルカ』なんだぜ」と夫。

イルカがかしこいというのは、ヒトよりIQが高いとかいう一般論か、それともこのクジラとの対比なのか。

作詞者にそこまでの意図があったかどうかはわからない。「カニのおじさん」とかも中身がないというか面白いだけだし…

 

考えてしまうと、歌うのがちょっと辛い。

自分も子どもの頃に歌っていたしノリの良い曲なので思わず口ずさんでしまうのがまた…

はっちも喜ぶクジラの歌、他にないかなあ。