読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

イヤイヤ期講演会

乳幼児の親向けのミニ講演会があったので聞きに行った。

テーマはイヤイヤ期。

4歳になったみっちに今までに本格的なイヤイヤ期(?)があったかどうかよくわからない(ということは、たぶんなかった、そしてこれから…?)のではっちの半年後に備えて予習のつもりと、講師が知的障害児対象の特別支援学校の先生だったので。

 

内容のほとんどは、自閉症児への適切な対応や支援や環境の整え方として、既に見聞きしたことだった。

日頃実践してる(って程でもないのだが)というか、常識というか。

私はイヤイヤ期の話を聞きに来たはずなのだが…

 

あ〜、そうか〜。

一般的にはイヤイヤ期は大変だけど一時のこと。

でも知的障害かつ自閉症のみっちは、かなり長い間(10年? 15年? もっと? 一生?)それと同じ状態だし、親はその相手をし続けるのか…

自分でやりたいけれどうまくできない、自分の思いや感情があるけれど表現できなかったり上手く伝えられない、身の回りはわからないことだらけで不安だし、理解できないお約束を押し付けられたり暗黙の内に汲み取ることになっていてそれを守らなかったと叱られる、みたいな状態が「一時」では済まないということ。

本人も親も長く困難な道を行くのだな。

講師曰く、明けない夜はない、らしいけれど。