読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

指示出し

みっち4歳 ASD はっち1歳

自閉っ子に指示を出す時は、1回に1つずつ、簡潔に。

なので「おもちゃを片付けて」(←部屋中に散乱している)ではなく「山手線を箱に入れて」と確実にできる片付けを指示するのだが、イヤイヤ期に入っているかもと療育の先生に言われているみっち(4歳)は嫌がることも多い。

理解したはっち(1歳5ヶ月)が、電車のおもちゃを所定の位置に戻してくれる。

「はっちゃん、お片付けできたね、えらいね、ありがとう!」とほめると、気を良くしてますます電車の片付けができるようになるはっち。

一方のみっちは、はっちがほめられることが嬉しくない様子。黙ったまま隣の部屋に姿を隠すことも…

どうしたものか。

みっちだけができる片付けやお手伝いを増やしたいけれど、う〜ん。

 

 

はっちが狭いところでおもちゃの車を激しく往復させ、壁と床に置いてみっちが使っていたキーボード(我が家ではピアノと呼んでいる)にぶつかってしまっていた。止めさせないとキーボードが壊れるかも。

「ピアノに車ぶつけないよ。ピアノが痛い痛いだよ」とはっちに声をかけると…

キーボードに車がぶつからないようにしてくれた! 理解力が高い。(同時期のみっち比)

でも、壁にはまだゴンゴン当たっている。

言われた通りにしたら、確かにそうなる…(壁には言及していないもの)

はっちに対する指示の出し方も、もっと工夫した方が良さそうだ。