しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

楽しくないこと

先日みっちを一時保育に預けた。

知的障害者ショートステイではなく、未就学児対象の普通の保育所に。1歳過ぎに何度か預けて以来、ほぼ3年ぶり。(本人の記憶はないようだ)

週1回ペースで預けられているはっちが分離を嫌がっていて保育所の名前を聞くだけでのけぞったりしているためか、みっちも当初は「いかない」と言っていたが、途中から楽しみに? なったらしく(どんなところか気になるのか、それともスケジュールとして受け入れてしまったのか)当日は特に抵抗せず入っていった。大きなトラブルなく過ごせたようである。(少なくとも今後の利用を断られはしなかった)

 

帰宅後は就寝までもうバタバタで大人の余裕が無さ過ぎるので、翌日の夕食時にみっちに尋ねてみた。

「一時保育、楽しかった?」

みっちは無言のまま食べている。

今まで、あちこちへのお出かけ、いくつかの療育(楽しい面も叱られたり注意される面もある)、ショートステイ、親にドアこだわり等を制止され続けストレスが溜まりまくったであろう幼稚園のプレ、様々な出来事について「楽しかった?」と尋ねたら「たのしい」と即答してきたみっち。一種のおうむ返しになっていると思っていた。

でも、一時保育はちっとも楽しくなくて、それを表明できたんだ。おお。

 

療育の先生のように関係を築いたり、ショートステイの職員にほぼマンツーマンで対応して貰ったり、外出先やプレでは親が面倒を見る、そういった大人との濃密な関わりが保育士さんとはほとんどなかったのだと思う。いつも忙しそうだし、この間のはっちのお迎えの時は感情的に怒られている子がいたなあ…

一時保育の現状は決して褒められないのだけれど(少なくともはっちはまだ当分利用するので)、みっちの反応に成長が見られたので良かった…ことにしておこう。

次回、どうしようかな、預けていいものか迷うな…(やっぱり良くない)