しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

忘れてすっきりしたいのに

みっちにかなり近いタイプのお子さんがいる先輩ママと数分間話す機会があった。

(生活圏も重なるので何度も道ですれ違ったが、お互い自閉っ子連れでは挨拶以上の会話は不可能で、今まで話せなかった)

その方のお子さんが、みっちを通わせるつもりだった幼稚園に在籍していたという。

みっちについて、親の付添を求められたりもして悩んだ末に入園を断念したと話したら驚いていた。

先輩自閉っ子の入園時は付添条件はなかったということか。

当時と今と同じ園長先生なのに、どうして違うんだろう。

みっちのような自閉症児の受入に慣れていない(ようにさえ思えた)わけでもなかったのに。

大変な経験をしたからこそ御遠慮いただきたくなっちゃったのか。

何にせよ歓迎されなかったことはわかった。

先輩自閉っ子も在園中は活動に参加せず一人で過ごしていたというし(放置…?)、みっちの入園を辞退して正解だったのだと思う、そう思わなきゃやっていられない。

幼稚園の話は、これでおしまい。

 

 

というわけにもいかない。これは公立幼稚園の話だ。

次に控えるみっちの就学問題。支援級(のある公立小学校)に対して、地元の教育委員会に対して、スタート前から何となく不信感を抱いてしまう。

はっちの就園もあり得る。(3歳頃には「はっちも幼稚園は無理」と判断するかもしれないが、今は本当にわからない)

この手の話はこれからもたくさんあるんだろうな。