しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

アレルギーの日

NHKのニュースを読んで初めて知った。今日は「アレルギーの日」だそうで。

食物アレルギー 新しい治療法に注目集まる | NHKニュース

「経口免疫療法」が紹介されていた。

「わずかな量を毎日決まった時間に食べさせ、定期的に検査で耐性が付いたかどうか確認しながら、食べる量を徐々に増やしていきます」

偏食&食わず嫌い大王のみっちには無理だ。

牛乳や乳製品のアレルギーは惣菜や冷凍食品そしてお菓子を選ぶにも一苦労なので、できれば早い内に自然収束or治してしまいたいけれども。

 

卵は平気になったようだが、それなりの量を本人に気付かせずに食べさせる方法を思い付かない。卵料理は食わず嫌い。(←何故かアレルギーのないはっちも)

以前はアレルゲンフリーのレトルトカレーにゆで卵を刻んで混ぜていたが、それでカレーを嫌いになったのか、今は食べない。

最近A-Labelのおかかふりかけがブームなので乳製品を使っていない瀬戸風味を買ってみたが、卵の黄色い粒が違うということなのか拒否し続けている。

 

1回だけ参加した幼稚園プレに上の子が食物アレルギーだというお母さんがいて、食事やお弁当がいつも大変ですよね〜とか、経口負荷試験の経験談などをしてくれた。

しかし我が家の大変さはアレルギー以前の偏食&食わず嫌いが主原因だし、自閉っ子みっちに経口負荷試験(指示通りにアレルゲンを食べる)なんてもう絶対無理なので、同類に会えて興奮気味の彼女に話を合わせられなかった。

アレルギーの話でも「但し定型発達に限る」なんや…と悲しくなったが、もう何度もあったし今後も繰り返されるこの展開にはいい加減慣れないと。

 

自分の食物アレルギーも治るものなら経口免疫療法を試す価値はあるだろうが余裕がない。

徒歩圏の病院にスギ花粉症の舌下免疫療法の案内が出ていたのも子ども達が就学するまではまず無理と見送ったこの冬であった。

アレルギー、めんどくさ〜い。