読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

行き場

はっち1歳 ASD

みっちに関しては2歳代から諦めているのだが、

はっちについても、図書館での乳幼児向け読み聞かせ会に参加することは親子共々ストレスになるだけだった。

それが数ヶ月ぶりに読み聞かせ会に行ってみての感想。

好きそうな絵本に集中できず、くねくねごろごろ、そして普段はほとんど歩いているのにはいはいで他の親子の間を縫うように移動する。

1歳児だからそんなもの、で済ませてもいいのだけど、たぶん違う。

健診通知に図書館での1歳半向けプログラム&絵本のプレゼントの招待状も同封されていたが、期限(2歳前日)までに行くこともないだろう。

絵本は家で親と読めばいい。会場では注目できなかった絵本を借りたら家では良く見ている。

まだ知らない絵本の出会いの場として、読み聞かせ会は良かったのだけど。

 

 

児童館の幼児向けプログラム(月に1〜2回参加)も、しばらく同じ先生が続いていたところにたまたま違う先生が担当だったためか、楽しみにしている体操で完全に固まるはっち。

赤ちゃんの時みたいに一緒にしようと手を取ると、私の人差し指だけをぎゅっと握る。体操の振付通りに動かしてやるが、力が入っていてやりづらい。

はっちの手の平が汗でかなりしっとりしている。夏の暑い時期よりひどい。

緊張? 予想外の事態(見慣れない先生、いや0歳の時に見てるはずだけど)に混乱している?

 

 

多動やみっちのようなこだわり炸裂のせいでで親の方が児童館や遊び場を利用しづらくなるまであと何ヶ月だろう、その後はどこで遊ばせればいいのだろう(公園は午前10時にもなると認可でも園庭のない保育園(が8割!)の集団でいっぱいになる)…という親の不安以前に、はっちが落ち着いて過ごせる場所や条件をしっかり押さえておかねば。