読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

発達検査の結果(みっち4歳)/言葉の発達の副作用

昨年末にみっちが受けた発達検査の結果説明を1月に聞いたのだが書きそびれていた。

 

新版K式で検査した。生活年齢4歳0ヶ月時点で、

全領域が60台前半、

姿勢・運動が70台後半、

認知・適応が50台後半、

言語・社会が60台前半。

 

身体能力が3歳相当(年齢相応ではない。粗大運動も手先も不器用)、全領域で2歳5ヶ月相当。

認知・適応は2歳1ヶ月相当だがこれも平均値で、各項目の凸凹が大きく、3歳並にできることもあれば1歳台レベルの部分もある。

言葉は随分と発達したが社会性は障害特性ゆえ…の平均もやはり2歳前半。

 

60台前半という数値は2歳後半で受けた最初の検査、そして療育手帳取得時の検査の結果とほぼ変わらない。驚かないし、今後も同程度で推移するのだと思う。

ただ、自閉症のみっちは適応がかなり狭いので、検査者がかなり粘ってくれた今回の結果がほぼベストスコアになる。通常ならばみっちが検査に応じる気になる前に打ち切るだろうし、その結果はもっと低くなるだろう。

持っている力をいつでも出すことはできない。6掛けだけど6掛けじゃない。

 

 

「言葉が出るようになったのがみっちの不幸の始まり」と夫が言ったことがある。

みっちの発達チャートの中で、発語はこの1年でかなり伸びた凸の項目なのだ。

しかしそのせいで「他の分野も言葉と同じ位に発達しただろう」「言葉が出ているから理解できているだろう」と勘違いしている親(私達)に頻繁に怒られるようになってしまった。

大人が維持したい生活環境と相容れないこだわりや常同行動、わざとやってみて反応を楽しむといった行為をどうにか止めさせようと、あれこれ試してもすぐには上手く行かず、繰り返しても成果が上がらないどころか逆にみっちの言動がエスカレートしたりで、大人は叱る怒る遂にはキレる。

 

もしも未だに言葉が出ていなかったら、大人の側が諦めてみっちのありのままを受け入れたのか。

療育園の子ども達の中でもみっちは言葉が割と出ている方で、他の親御さんには「みっちくんはいっぱいお話しできていいですね」と思われているようだが(何度か言われた)、単純に良かったとは言い切れない…

 

とりあえず朝起きてくるなり「おかあさん、いなくなっていい!」と叫ぶのは早々にお止めいただきたいものである。

(注意をする等みっちにとって都合の悪い相手に対して(その場から)「いなくなる」「いなくなって」と言ってしまう)

毎日何度も聞かされる→スルーできない精神状態になって怒る→更に繰り返される、悪循環そのもの。

それを断ち切るのはやっぱり大人の仕事、私が我慢するしかないのだろうけれど。