しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

習い事(「春なので病」かもしれない)

子どもに今現在の楽しみ(遊び)そして将来の余暇に繋がるような習い事をさせたいと思い続けているけれど、自分の精神力と子どもの特性とがネックになって、しばらくはできそうにない。

 

みっちがキーボードで「ゆき」(ゆきやこんこ…)を弾きたくてソラソラやミファミファと鳴らす。でも私にはみっちに教える気力がない。できなくてみっちが癇癪を起こすか私が切れるか、どちらにしても嫌な結果にしかならないだろうから。

成長して指示がある程度通るようになったら、障害特性に理解のある個人教室を探して通うのもいいかもしれない。何年後になるかわからないけど。

 

音楽大好きなはっちにも大手音楽教室の幼児向けグループレッスン(1歳から)を考えたけれども、療育でさえ1人だけお集まりが苦手な彼を連れて行っても針の筵だろうと見送った。はっちと同い年のダウン症児のお母さん達が誘い合って体験に行ったのをちょっぴり羨ましく思ったけれども、特性が違うので仕方がない。

ベビースイミングも、昨年とは別のスクール(かつてみっちが通ったところ)に今ならば通える(ベビーは3歳まで&2018年度はみっちの就学相談等できっと余裕がなくなるので)、いやでもプールは私の体力が持たないし、はっちが以前のみっち(1歳半〜2歳半)同様「親の着替を待てずに周囲でいたずらの末に室外どころか階下に脱走、それを阻止すべく抑え付ける」なんて展開もあり得る。通うのは諦めるにしても3月中に無料体験会に1度だけ行く位は…この1ヶ月、それができない。ネットでちょっと入力すれば申込完了なのに。

 

いいんだ、習い事なんかできなくたって。

この時期に何か始めたくなるのは、毎年春(と秋)になるとNHKの語学番組に手を出していた私の癖で、それにフツーの習い事に向いていない子どもを巻き込んでも楽しくなるはずがないのだ。

音楽やスポーツが得意とまではいかなくても抵抗がなくなるように、できれば楽しめるように、小さい内から機会を与えたかったし、東京には子ども向けの様々な習い事があふれ返っている(私の出身地ではベビースイミングなんてやっていない)けれども、どうしようもない。

 

そうやってしばらくうじうじしていたところに電話が鳴った。

公立体育館の幼児向けスポーツ教室の、キャンセル待ち100人(!)の順番が回ってきたという。

みっちの時は1年以上待って、はっちの申込時に待機が更に長期化していると聞いたから、対象年齢の間に連絡来ないかも位に思っていた…のはどうでもよくて、

1歳(みっち)や赤ちゃん(はっち)時点で、子どもが自閉症スペクトラムとは知らずに申し込んでしまったスポーツ教室。

2歳前半(診断が出た前後)のみっちを連れて行って、他の子は全員参加できているのに、内容も環境も彼にはあまりに無理があると痛感した、あのスポーツ教室。

はっちにも向いているとは言い難い。

でも、今のはっちならば「小さいからまだ何もできなくて当たり前、うろうろ歩き回っていてもOK」で済ませられるので、今月下旬にとりあえず体験だけは行ってみることにした。親の予想に反して本人が気に入るかもしれないし。←諦めていない?

(たぶん、続く)