読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

体操教室体験

はっちと親子体操教室@体育館に行ってきた。

 

場所見知り、人見知り。

騒音。

(ネットで仕切った隣でママさんバレー。先生が何を話しているのか、私もほとんど聞き取れない)

全く見通しが立たない。

(初めてだし、コースを周回しつつ少しずつやることが変わる)

 

ひたすら私の肩にしがみついて離れないはっち。床やマットに降ろすと珍しくギャン泣き。(一時保育に預ける時だってこんなには泣かない)

恐怖体験でしかなさそう…

はっちが落ち着いたのは、約1時間のレッスンが終わって片付けに移った時だった。

初めての場所でも、初めて使った道具でも、片付けに誘えば一生懸命運ぶはっち。運び終えたらまだ残っている物はないかと探している。

何ていい子なんだ(T ^ T)

 

というわけで諦めが付いた。

はっち、付き合わせてごめんね。

 

そして、あの環境&指導方法(早口で一通り説明したら行動開始)、親子コースとはいえいかがなものかと思う。公立体育館での格安レッスンで常時数十人の順番待ち、まだ対象月齢前の赤ちゃんのうちに申し込むのがこの辺りの母親の常識になってはいるけれど。

それとも、うちも定型発達だったら何の疑問も抱かなかったのかな。みっちの時もはっちの時も、他の子は楽しそうに参加していたから。(合う子だけが続けているにしても)

あれが「普通」なのだろうか。自閉っ子が困ってしまう小学校の普通学級の例みたい、と感じたということは。