しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

1学期の予定(次年度の就学相談に向けて)

みっちは幼稚園に通っていないので我が家的には「1学期」というのもおかしいけれども、相手は学校なので。

 

5月。就学前年でなくても参加できる特別支援学校の保護者向け説明会を2つ申し込んだ。1つは住所から指定される公立校、もう1つは受験するところ。

 

自治体の就学相談説明会も例年この時期で、原則は次年度入学または転学検討の保護者対象なので問い合わせようかと思っていたところ、

 

★☆発達支援センターが案内兼申込書を個別配付していた☆★

 

年長児だけでなく、発達相談や療育を受けている年中児の保護者も対象らしい。

就学相談の年度になってからでは遅過ぎる(悩んだり検討する時間がない&心の準備?)という親の常識が行政側でも当たり前になったのか、例年小さい子どもの親からの問い合わせが多いので最初から対応したのか。理由もいつからそうなったのかも知らないけれど。

 

 

マイペースでゆっくり凸凹に発達しているが故に公的(?)な就学準備が2年前に始まるなんて。フツーは半年位前に就学前検診の通知が来るのが最初だっけ?

いや、この辺りではメジャーらしい小学校受験をするならば年中さんより前から準備や下調べをするだろうし、公立でも学校選択制の地域ならば学校の人気や評判が気になるだろうし、親の動きとしてはフツーなのかもしれない。(でもそれは公的ではない…)

 

年中児の1学期の予定はこれくらい。

2学期には公立小学校の支援級の説明会があるので徒歩圏の2校を見学したい。昨年度は情緒級もと考えていたけれど、みっちは該当しないだろうから知的の固定級のみで。(はっちに関係しそうなところは、はっちが年中の年度で十分だろう)

あと、地域の皆様も参観OKの、小学校の公開授業を見に行きたい。うちは子連れで行くのは無理だし、そのために預けたり無理したりも生活上の優先順位としてどうかと思い、かれこれ1年、実行に移せていないのだが。