しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

音楽の楽しみ方

子ども向けコンサートに出かけたみっちと夫は、予想より早い時間に帰ってきた。

1時間もかからなかったの? と思ったら、みっちが「かえる」と言うので休憩時間で会場を後にしたとのこと。

退屈したかというとそうでもなく、演奏はおとなしく聞いていた。楽器紹介コーナーでフルートの「ダッタン人の踊り」が始まるとすぐに涙ぐんで顔にハンカチを当てていたそうだ。(感受性高過ぎ…)

ただ待ち時間はじっとしていられず、前の椅子の背を蹴ってしまったりして夫に注意されっぱなしになり、機嫌を損ねてしまった模様。

 

それでも、秋にまたコンサートがあると教えたら「いく!」と即答する。チケット発売は今月下旬、う〜ん、どうしよう。夫は「(大人が)途中退席OKなら、いいんじゃない」と言う。それが許し難いのは、私だ。

 

自宅からアクセスしやすいところにコンサートホールがあって、年に数回だけど乳幼児向けプログラムを組んでいるので、音楽好きな(と思われる)みっちの特別な楽しみにできたらいいな、と思う。マナーを守れるならば、就学後は毎月あるクラシックのコンサートにも行ける。(自閉っ子なのでそれがかなり難しいのだけど)

最初はそう思ったけれど、人が多くて独特の雰囲気のコンサートホールは私もずっと慣れなくて演奏に集中できないのだった。(←自習室や図書館でも全く勉強できなかった。無言で勉強している集団というか空気がダメ)夫は窮屈な椅子が苦手と言う。だったら家で好きな音楽のCDをかけて寛いで聴く方がいいような気がする。少なくとも、子どもが周囲のお客さんの迷惑にならないようにと親が神経を擦り減らすことは避けられる。

本物に触れた方がいいみたいな常識も、みっちに当てはめる必要はない、うん。好きなら行けばいいけどさ。