しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

考え過ぎ注意

先月後半は忙しく、毎日カレンダーを見て予定を確認していたのに、ある朝7月になっていて驚く。(前夜も予定確認をしたし、カレンダーをめくったのに)
というわけで、みっちも4歳半になっていたのだった。いまいちピンと来ない。

 

 

考えている真っ最中だったり経過観察中のことは、ブログに書けないし、そうなるとあまり書くことがない。

日常の子ども達の様子(おもしろ、あるある)は、夫と話せばだいたい満足してしまうし。

 

 

バタバタしていた原因、特別支援学校と小学校(支援級あり)と説明会や見学に行ってみたけれども、様子を垣間見たら却ってわからなくなるものだな、やっぱり。何度も足を運んだり具体的に相談してみたら、どこがいいのか見えてくるのだろうか。

しかし就学先研究(?)に気力体力を使うとその分だけ日常生活に支障が出る性質だし元々の容量が少な過ぎるので、あまり熱心にならないよう気を付けないと。

 

普通級か支援級か支援校かだけではなく、どの支援級を希望するか(普通級と違い住所指定がないので)、また公立以外の学校はどうか、それも決めなければならない。

複数の支援級を見学するよう教育委員会の担当者が勧めていたけれど(それぞれのお子さんに合ったところをとは言うが、要は1校に希望が集中した時に他校へと分散誘導しやすくなるからである…)送迎が負担になる遠い学校は我が家には無理なのだし、

居住地指定の支援校に多少の納得がいかない部分があったとしても、やはり遠距離送迎だったり保護者の協力や参加要請の多い受験するタイプの支援校を敢えて選ぶことはできない以上、見学しても時間の無駄かもしれない。(説明会に行かないと知りようもないのだが)

いくつもの選択肢があるからこその悩みではある。自分が育った田舎(普通の子であっても受験=「15の春を泣かせない」の高校受験のみ)には、たぶんない。(地元小学校の支援級の有無と、スクールバスか自家用車で1時間超or寄宿舎の支援校だけだ)

 

目の前の子ども以外の考え事に現実逃避している部分もあるかもしれない。