しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

また知的障害児お断りの療育ができた

遊び場入り口の施設や子育て相談やイベントの案内置き場を眺めていたら、新規オープンの児童発達支援&放課後等デイサービスのチラシを発見。

放課後デイバブルと見聞きはするがこの周辺で実感するかと言えば否であり、やたら目に付く幼児教室(お受験塾)の1つ2つが潰れて療育施設になってもいいのにと思う。

 

みっちは療育園に週5日通えているが、はっちの現在の行き場が少なく来年度以降の療育もみっちよりは少ないままと見込まれるので、行けそうなところかとHPを見てみると…

 

★☆★「知的に遅れのないお子さま」限定だった★☆★

 

自治体内の放課後デイはこの1年でいくつか増えたのだが「発達障害」を対象にしていて、学習支援塾(何と中高の受験対策もするらしい)を謳っているところもある。それは福祉サービスなのか?

知的障害児も対象となる発達支援は増えていない。(理由はいくつか想像が付くし、私が知らない事情もあるのかもしれない)

 

新規オープンする療育は、もしかしたらはっちは対象かもしれないけれど、みっちの親として知的障害児お断りの運営方針のところに通いたい通わせたいとは思えない。

(知的に遅れがないってどこまでを想定しているのだろう。境界知能はOKなのか? 小さいうちに通い始めて知能検査が可能な年齢になってIQが正常範囲外だったら追い出されるの?)

 

NHK発達障害プロジェクトも知的障害を伴う自閉症は閉め出したままだし。スペクトラム(連続体)なのに正常知能で線引きする理由がわからない。「相模原障害者殺傷事件から1年」のハートネットTV特集も放送予定にリンクするべきだと思うのだが。

 

【追記】

NHK発達障害プロジェクトの□過去の放送一覧の↓これ↓

5/23 (火) Eテレ 夜8時
ハートネットTV「もうひとつの居場所 -発達障害の人たちが集うサッカークラブ-」

タイトルは「もうひとつの居場所 ―知的・発達障害のある人たちが集うサッカークラブ―」なのに、発達障害プロジェクトの一覧からは「知的・」の3文字が消えている。

意図的に消したんかな。

この番組、良かったんだけどね。