しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

また母子手帳…

ダウン症の赤ちゃん用の母子手帳を日本ダウン症協会が発行したとのニュース。

東京新聞:ダウン症ゆっくり育っていいよ 専用の母子手帳:社会(TOKYO Web)

出生前や直後に病気が判明し当初から発達面での「違い」が見込まれるケースには有効な取組かとも思う。

 

先天性ということにはなっているが乳児期にはわからないタイプ(成長するにつれ遅れや違いがはっきりする)の知的障害や自閉症の場合は、どうすればいいのだろうか。

 

母子手帳、妊娠出産時の記録以外の部分はもう捨ててしまいたい。

どこの小児科も「予防接種時に持参しろ、なかったら受けられない、忘れたら取りに帰れ」というから今も仕方なく使っているだけだ。

(紛失したと言えばそれで済む気がする。予診票は記入しているのだから)

 

発達の遅れや異常のセンサーとしての役割を果たしているが故に、障害が判明した子どもの親に「普通」を見せつけ、苦しめ続ける母子手帳

そんなん要らんわ!

 

ブロックメモみたいにその気になれば項目毎に外して分冊にできれば、必要な部分だけ使うこともできるのだけど。

 

少し前に東京都の母子手帳についてのアンケートが我が家に届いたので、障害児の親は発達チェックを見るのが辛いこと、読み物部分が邪魔なので記録面と分冊にしてほしいことを書いて返送したが、100人村ならば1人もいないかもレベルの少数派の意見をまともに取り上げるとも思えない。9割以上には問題なく使えるシステムなのだから。(障害関係の団体経由で届いたので、都として調査対象に障害児の親が含まれるようにはしている模様)

 

母子手帳も個人的にボイコットするだけか。みっちの3歳児健診みたいに。

そう決断することもそれまでの葛藤も、「普通」の枠を可視化した母子手帳や乳幼児健診があるからなのだが。