しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在就学相談中&2歳児)に振り回される、自身もASDな母。

来年のスケジュール手帳のこと

ここ数日、来年のスケジュール手帳を検討していた。

子ども以外のことを考えるって、かなり贅沢なことだ。

2人の療育の予約を別々に入れるためにスケジュール把握をしなければいけないので、子どもと無関係でもないけれど。

 

予定と記録を切り離して、小さなマンスリータイプの手帳だけ持ち歩くつもり。(ほぼ日手帳WEEKSを卒業)

子連れでは何もメモできない。みっちもはっちも室外どころか屋外に向かって脱走するので、個別療育の次回予約を書き留めることすらできないことがある。(部屋の鍵を開ける前に次回の日時を決めていただきたい…又は病院みたいに予約票を下さい…)

 

日々の記録は5年日記が面白そう。(ほぼ日にするかどうかは未定)

来年は自分が40歳になるのとみっちの就学相談、2年目にみっちが小学校入学、2年目か3年目にはっちが幼稚園に行く見込みで、4年目にはっちの就学相談、5年目にはっちが小学校入学。(悩み多き5年だろう…)

その次の5年日記の5年目には、はっちが小学6年生&みっち中学3年生。

その次の5年日記の最後にみっちが20歳になる。

始めるなら、このタイミングしかない!

目の前からせいぜいみっち就学までしか頭にない状態で日々に追われていたので、中長期的視点に気持ちを切替しやすいところが良さそう。