しましまはちみつ日記

主に自閉っ子兄弟(みっち2012年生&はっち2015年生)の育児日記。

みっちの文字認識(5歳1ヶ月)

ひらがなカタカナがだいたい読めるようになったみっち。

目にした文字を読み上げることがある。

 

注意書きの看板の前で。

み「お、い!」

私「お願い、って書いてあるんだよ」

 

子どものおもちゃにした古いガラケーをいじりながら。

み「ごできません、ごできません、ごできません…」

「ご利用できません」の類だろうと思ったら当たりだった。

 

漢字も読めるようになりたいとは思っていない様子。

自分の名前や住所の漢字表記も知らないだろうし。

個別療育に通う時に利用する路線の駅名の漢字表記は4歳になる前に覚えてしまったようだが、記号というかその駅の視覚記憶としてであって、例えば「上野」が「うえの」だとわかるからといって上という漢字が読めるわけではない。

 

アルファベットには多少の関心がある。

アルファベットを「これ、えいごだ」「えいごがかいてある」と言う。

最初のABCくらいは知っているようだ。

そんなみっちが「えいご、みたい」「ここはえいごがみえない」「あっちにいったら、えいご、ある」と目的地と違う方向を気にしていて、街中にはアルファベットが溢れているのに一体何のことかと特定できないまま1ヶ月以上経過。

先日、遂に「えいご」の正体が判明。

f:id:kitaha3131:20180205222023j:image

これ位わかりやすくはっきりしたものじゃないとダメなのね。

英語やローマ字表記の日本語の文はもちろん、LAWSONとかTOYOTAとかdaieiとかDAISOとかLIFEでもダメなのね。

好きな青色の看板に、アルファベット2文字か。

今度帰省する時か飛行機に興味が出てきたら、3文字のANAJALを教えてみるかな…