しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在就学相談中&2歳児)に振り回されるグレーゾーンな母。(自閉症育児あるある)

ASD的(?)発言ブーム

先週からのみっちの発言ブームは、

「おかあさん、有楽町線、すきーの」

「おとうさん、小田急、すきーの」

これが1日に数十回。

聞き飽きたし、返事が面倒臭い。みっちは私が有楽町線を特に好きではないと知っていて、嬉しそうに繰り返しているのだ。(夫も小田急線に関心はない)

有楽町線は好きじゃない」「別に」「おかあさんは京阪が好き」と返事のパターンも数種類、どれも自分で言い飽きたし聞き飽きた。連続発言の3回目以降はスルーしている。

「うん、有楽町線、だ〜い好き!」とでも答えれば止まるのだろうか。そんなわけないか。

 

その前は数ヶ月間「おかあさんは、ケイトリン、すき!」「おとうさんは、コナーすき!」だった。

これも特に好きではなく(トーマスのアニメを見るようになってからケイトリン出てきたっけ?)、「好きじゃない」「別に」「おかあさんはエドワードが好き」(←やさしい心だから)のどれかで返していたら、みっちが先取りして「おかあさんはエドワードがすきっていってる」「おとうさんはゴードンがすきっていってる」と続ける始末。

わかりきっているのに何十回も何百回も(トータルで千回超えてるかも)繰り返して面白いのか?

 

 

はっちは電車やバスの車内アナウンス再現にまだはまっている。

「おわすれもののないようごちゅういください、とーきょーめとろをごりよういただきありがとうございました」

「あぶないですので、てすりやつりかわにおつかまりください」

言葉が遅かったみっちにはなかった趣味(?)だ。

はっちも日常会話ではまだまだ「ん!」で要求や拒否をすることも多く、実用性には乏しいのであるが。