しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在就学相談中&2歳児)に振り回されるグレーゾーンな母。(自閉症育児あるある)

滑り台消滅

みっちがまだ春休みかつ予定なしの日だったので、本人の希望により徒歩圏の公園をハシゴした。

(はっちは通園スタート)

 

公園その1に新しい滑り台が設置されていた。

昨年の初夏に老朽化で撤去され、その後何度か行ったが「時間がかかります、待っていてください」の張り紙のみで年明けにも空き地のままだった。

(公園整備って年度末に一気に進むことが多いよな…予算消化…)

さっそくみっちがトライ。プラスチック製でサイドが太くて思い通りに逆走(斜面を登る)できなかったため、あまり面白くなかった模様。

 

というわけで、公園その1に滑り台がなかった間によくハシゴした公園その2へ行く。ここの高い滑り台がお気に入りなのだ。

が、しかし…

 

公園その2の滑り台が消滅していた!

撤去予告を見た覚えもなければ、撤去報告もない。

地面の土の色が違う(穴を埋めたのだろう)だけの、何もない空間。

え〜。なんで〜。(老朽化&高過ぎて危険ってことだろうな)

 

さて、みっちの反応は。

 

しばし無言で出来事を受け止め(ないないと騒いだのは私)、その後気持ちを切り替えて別の滑り台で遊び始めた。

パニックやかんしゃくを意外と(?)起こさない人である。

自分の力が及ばないことについてはあっさり諦めている、ような気もする。

家族とのやりとりや自宅内(自分の要求が通り得る環境)では、しょーもないことでしょっちゅう騒いだり駄々をこねては親子双方の怒りが爆発しているけれども。

 

語らない(知的やコミュニケーションの障害という特性上、他人に説明できない)みっちの内心はどうだったのかな。