しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在就学相談中&2歳児)に振り回される、自身もASDな母。

シューカツメモその2と突然の布パンツ

みっちの就学相談は、や〜っと来週、受付開始になる。

支援級も支援校も親が「ここは違う」と感じたところを外すとほぼ1択なので、本人の成長に適した環境を選びたい。

 

その間、突然のみっちトイトレ再開…どころか布パンツ生活をスタートし、10日ばかり経過したが大きな失敗はない。

家ではタイムタイマーを使って1時間おきにおしっこに誘っているが、催せば本人からの申告もある。自宅以外のトイレでもできる。

大は部屋の隅や物陰でする習慣があったので隠れようとしたらすかさずトイレに連れて行ってどうにかこうにか。

しかし慣れてきたせいなのか再びトイレへの行き渋りが増えてきた。今日は幼稚園で全くトイレに行かなかったという。

 

このままおむつ卒業になるのだろうか。

排泄が自立しちゃうと、発達検査の数値や表面的な発語レベルからして支援校判定はまず出ないだろうな〜。

判定に情緒や行動障害的な問題をどの程度加味するかは、都内でも自治体毎にかなり異なるのだという。ここの担当氏は説明会等でやたら「客観的なデータを集める」と仰るのだが、さて。