しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在就学相談中&2歳児)に振り回されるグレーゾーンな母。(自閉症育児あるある)

負の連鎖に気が付いてしまったら

追記)ブログ読者の方へ

ブログの更新に引っかかってしまうのは、この記事のコメントが増えているからです。

大学時代の知人以外にはわからないイニシャルトークとかもありますが、

自閉症(グレーゾーン含む)の子どもにSST等の訓練をして社会性やコミュニケーション能力が上がった結果、自分が周囲からどのように思われているか自覚してしまったりして、却って学校や人間関係が辛くなる、その一例かと思いますので、その話題に関心のある方はコメント欄もご覧ください。



児童虐待や貧困の世代間連鎖について、以前から多少の関心はあった。支援ボランティアといった行動に移すだけの気力体力余裕はなかったけれども。



今月になって、ふと気付いてしまったことがある。

私とみっちの親子関係がこじれて悪化している現状の原因は、みっちの障害特性によるお試し行動(親への挑発としか思えない意図的な言動、態度)だけではなく、私の関わり方、育児姿勢にも相当な問題があるのではないか。

そしてそれは、私と実母の関係性、私の育てられ方が影響しているのではないか。

つまり…虐待とまではいかなくても、子どもに負の影響を及ぼす不適切な親子関係の世代間連鎖という面があるのではないか。



例えば。

私は両親、特に母から、私の身体的特徴について否定的なことを言われ続けて育った。

家族(親きょうだい)の中で私1人だけが異なる部分について、同じになるよう努力を求められ、子どもの頃は言われた努力を言われたとおりにしていた時期もある。

それは「若草物語」のエイミーが鼻を高くしたいからと洗濯ばさみで鼻をつまむような類であり、実践したからといって身体的特徴が変わることはない。

また、見た目は家族と少し違うが、身体の機能として何か問題がある(病気や障害)わけでもない。


それでどうなったかというと、私は人の外見やファッションにあまり関心がないのに、自分の否定され続けた部位にだけはやたらとこだわる(←夫にはそのこだわりが理解できないらしい)し、ぷちトラウマみたいな感じだし、セルフエスティームの低さに一役買ったこと間違いなしと思うし、母に対してフクザツな感情を抱いてしまうのである未だに。


列挙しても長くなるだけなので1つの例だけに止めるが、この手の話はいくつもある。

幼少時は、それがおかしいとか嫌だとか、わからなかった。

成人してから、あれは嫌だったな、と感じられるようになった。

不適切な言動だと気付いたのは、30代半ばで自分が子育てをするようになってからだ。

セルフエスティームなんて概念、みっちの診断が出て自閉症の本を読み漁るまで知らなかった。



そして、今の私の家族。

夫も私もそれなりの大学卒、つまり受験勉強ができるタイプで、非コミュ

私はアスペルガー症候群のグレーゾーンで、自分では20代までに診断を求めていたらグレーではなく黒だったと思っている。(←夫には「自称アスペ」と言われている)

夫も、フツーよりは自閉症スペクトラム要素が多めだろう。

そして2人の子どもは私や夫よりはっきりとした自閉症スペクトラムなのだが、次男はっちは療育手帳の対象にはならなさそうで、知的障害ではなく発達障害ということになりそうだ。

長男のみっちは軽度の知的障害があって、療育手帳も取得済で、自閉症スペクトラムも障害レベルの強さだ。

家族の中で、みっちだけが障害児確定、知的障害を伴う自閉症ということだ。


軽度知的障害や自閉症であってもなくても、家族や支援者と関わって社会で生きていく以上、最低限覚えたり守ったりしなければならないスキル(身辺自立とか)やルールやマナーがあると思う。

親は子どもにそれを身に付けさせなくてはと思う。躾として。

 

でも私が求める「最低限」は、最低限ではないのかもしれない。

定型発達の5歳児に求めて当然のことでも、今のみっちにはまだ早いのかもしれない。

知的障害があって発達の偏りが大きく、自閉症の特性も強いみっちには、努力のしようがなかったり、いくら努力してもできないことなのかもしれない。



身体的な特徴は目に見えるけれど、みっちの障害は見えない。本や専門職のアドバイスを頼りに想像するしかない。

みっちの感覚や認知のあり方を私が追体験することは、私がグレーゾーンであってもなくても、不可能なのだ。


私のみっちとの関わり方は、母が私にした嫌なことと同じかもしれない。

自閉症育児のコツみたいな本は何冊も読んだ。療育の先生からも色々教わった。

でも、いいところやできたことををほめてあげましょうという原則だって、私自身があまりほめられず、むしろ良いこと(小学校のテストで100点取ったとか、中学校の定期テストで学年1位だったとか)にも母からダメ出しばかりされて育ってきたので、ほめ方やタイミングがわからない。意識してほめても、心がこもっていないし、自分がほめられなかったというフラッシュバックを起こしやすい。



だけど、これが負の世代間連鎖だと気付いた以上、私の代で断ち切るべきだと思うのだ。

(母もまた、母の両親との間に理不尽なエピソードがある人だ。私の祖父母の育ちは知らないけれど)

(そしてみっちが将来結婚や子育てをする可能性が少ないとしても)


でも、どうやって???


7月末に40歳になって、8月に入ってから最初に得た気付き。

良い方向に活かしていければと思う。