しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在年長さん&2歳児)に振り回される、自身もASDな母親業。(向いていない)

休日のささやかなレジャーにチャレンジ・はっち編

★はっち(2歳11ヶ月、ASDほぼ確定)

みっちと夫が科博の昆虫展に出かけていた裏で、はっちと私はマクドナルドデビューにチャレンジしていた。

私はモス派なんやけど、はっちが確実に食べそうなホットケーキorパンケーキがあるのはマクド…マックだけで。あと私は豆乳アレルギーがあるので、近年のモスのスイーツにはあまり心惹かれないのです。

食物アレルギーのないはっちは外食の楽しみを覚えつつあり、ならばたいていの駅近にあるマックを利用可能にしておくことは悪くないと思ったのだ。

 

というわけで事前にメニューをチェック。

ハッピーセットチョロQと新井洋行さんの絵本があったので、私にとっても人生初のハッピーセットを購入することにした。(マックのTVのCMは見たことあったけれど、住んでいた場所が田舎過ぎて幼少時に行った経験がない)

最寄駅のマックを気に入ってしまうと毎回寄る羽目になるのはわかりきっていたので、敢えてバスに乗せて隣の駅前のお店に連れて行った。

大好きなバスに乗ってこれからお店で外食の定番オレンジジュースを飲もうと誘われたはっちは、大人しく乗車しマックの前までは順調だった。

 

結果を簡潔に記すと。

まず、待てない。

注文の順番待ちも大変だったが、「じゅんばんばん」の列は見えるものだから一応理解は可能だ。しかしオーダーからオレンジジュースが出てくるまでのタイムラグは、はっちにも私にもわからないわけで、ジュース受取前に店から脱走しかねない状況だった。

そしてようやく入手したハッピーセットのホットケーキが熱くてすぐには食べられない。はっちはひどい猫舌なのだ。アイスクリームも興味はあって1口食べるけれど冷た過ぎて口から出してしまうこの夏、彼の適温の幅は同じく猫舌だった私より相当狭い。

どうにか冷ましてやりながら(ちなみに食べる直前までちぎる=形を変えるのもNG)先にオレンジジュースを飲ませ、明らかに食べる気のないハッシュポテトとやらを私が頬張り、ようやくホットケーキ。3枚のうちはっちの胃に収まったのは半分強だろうか。

ホットケーキの残り半分は私が短時間で無理矢理口に詰め込んだ。だってもう帰るって主張するんだもん。主原因は物事が思い通りに進まなかったことと、店内BGMが大音量だったことだと思われる。食べさせるのに必死だった私でも気になる煩さだった。

ハッピーセットの絵本は帰宅してから開封したけれど初日しか読んでいない。チョロQの方が良かったかな。

 

結論。マックのハッピーセットは親単独行動でテイクアウトすべし。でもそれじゃ外食にならないやん?

 

その日から半月後に、別の用事でその駅前に出かけた。はっちはマクドナルドの入り口や看板をガン見していたけれども入りたいとか食べたいとは主張しなかった。用事を済ませた後でマックに誘ってみたが、彼が選んだのは駅ビル併設のパン屋さんのねじりドーナツだった。(こちらも以前経験あり。その時はテイクアウトだったけれど)

自宅最寄マックが外出トラップになると困るので結果オーライ(?)ではあるけれど、はっちの外食先の開拓は思ったより大変かも。

 

みっちはアレルギーがあるので未だに外食させていない。はっち以上に未知の食べ物や飲食店に関心がないので。

家族4人でファミレスでもいいから外食、これも私と夫があっさり諦めた「ささやかなしあわせ」の1つだ。

おうち個食でえ〜やんか、もう。