しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在年長さん&2歳児)に振り回される、自身もASDな母親業。(向いていない)

いつか発達が逆転する兄弟

昨日今日と、茶色いドングリ付きの小枝を拾った。今日は彼岸花が1輪咲いているのも見た。

あっという間に、秋。

 

 

今朝。

果物や野菜の写真絵本を見ていたはっちが夫に「これはなに?」と質問していた!

しかも何でもかんでも訊くのではなく、関心を持ったものでまだ名称を知らないものだけを選んで。(知っているものや、知らないけれど興味を持たなかった野菜の名前は訊かない)

3歳0ヶ月で質問できるようになるなんて。

 

みっちが質問をできるようになったのは今年に入ってから、5歳になってからではなかったか?

 

はっちがまだ赤ちゃんで定型発達かもしれないと思っていた頃、みっちとはっちの知能の発達段階がいつか逆転する、たぶんそれはみっちが6歳(年長児か小1)ぐらいだろうと予想していた。

 

はっちもASDなので単純にDQやIQ100と仮定して考えることはもうできないのだけど、やっぱりこれから数年の間にはっちの知能がみっちに追い付きそして追い抜いて行く、そんな日が来るのかな。

そのことに気付いたら、私、みっち、はっち、それぞれ何を思うだろう。

 

 

しかし今はまだ生きてきた年数つまりは経験の差でみっちの方が明らかに上だ。

はっちの質問のすぐ後のこと、はっちに言わせたり歌わせたりしたい言葉遊びにはっちがなかなか乗ってこなかったところ、みっちはベッドから床にわざとダイブして、痛い怪我したと大騒ぎした。

私はスルーしたが、似非パニックの空気を読んだはっち(KYじゃなくて読み過ぎる方のアスペかも)は、自分の関心事を中断してみっちが誘った言葉遊びに一生懸命付き合っていた。

そうやって他人を(特に同居家族を)操作するのね、と呆れ果てた私。注意したら似非じゃないパニックや自傷他害に陥りかねないので放っておくしかなかった…

 

はっち、君はみっちに振り回されないくらいに強く賢くなりなさいね。学校のお勉強の出来とかは、ど〜でもいいから。

それとも、誤学習済みの気を惹くためのプチ自傷みたいに、はっちもどんどんみっち化していくのか…それはちょっとあんまり、う〜ん。