しましまはちみつ日記

自閉っ子兄弟(現在年長さん&2歳児)に振り回される、自身もASDな母親業。(向いていない)

スケジュール管理が限界

子ども達のカレンダー(スケジュール掲示用)に来月の予定を書いていて、

 

あ〜! 先日の幼稚園との打合せで、スケジュール間違えてた! と気付いた。

療育で欠席する日を失念していた。

 

もう頭の中で把握できなくて、だから紙の手帳に全部書き出して持参していたのに、1月のページを開いて見ていたのに、それでも1件忘れていたなんて…

打合せ内容の修正や変更はまだ間に合うけれども。

いよいよ自分の記憶力、いや思考力が信用できなくなってきた。

打合せの日はこの2ヶ月の疲れがピークに達していたとはいえ。

 

他にもあれこれ忘れそうな案件が。

手帳を何度見返しても年内の予定すら覚えきれない。

うっかり忘れそうな予定をリマインダーに入れる。でもそれは気付けたものだけだから。何か落としていないかと不安になる。手帳を見る。(以下繰り返し)

 

転居まで残り3月。引越先も決まったし、引越業者も早めに押さえた。

次は年明けの(と打ったら次候補に通常国会と出るのは何故なのだ)就学判定待ちで、判定次第で入学説明会等の日時が決まる。

それまではなるべく心を落ち着けてその日その日のするべきことをこなしていくしかないのだ。

でもそれすらいっぱいいっぱいで。

 

予定取りこぼしや勘違いがいくつか発覚して動揺しているだけです。

年のせい(記憶力低下)か、キャパオーバーが常態化しているせいなのか。

無事に年を越せるのだろうか。